子供に持病

学資保険と定額貯金のメリットの違い

お子さんの将来のために、資金を貯めていきたいと願うのは親の自然な願いでしょう。
貯蓄をしていくには、様々な方法があります。
学資金を貯金していくうえで、2大勢力と言えば1つは学資保険、1つは定額貯金です。双方ともに魅力的なメリットがあります。

まず、学資保険はお子さんの年齢が小さいうちに加入することで、定額貯金より高い利率で貯蓄していくことができます。
解約しなければ、満期時には支払った保険料より上乗せになってリターンします。また、他の生命保険に加入しなくても、生命保険の要素である医療保険や、育英保険の要素も特約として付帯することができるのもメリットでしょう。
一方の定額貯金は、まず貯金ですから、必要な時にお金の出し入れをすることが可能です。

学資保険のように解約しなくても流動的にお金を扱えるので、柔軟に資金を構築したい方には定額貯金も良いでしょう。
また、現在は貯金の金利は低金利ですが、景気などの情勢で金利は変動するため、高金利のときに定額貯金を組むと場合によっては学資保険より有利になる可能性もあります。
このように双方ともに違うよさがあるので、自分たちに合った方法で学資金を構築していくと良いでしょう。

このページの先頭へ