子供に持病

学資保険を途中で解約するとお金は戻ってくる?

学資保険はお子さんが成長するまでの長期間、保険料の支払いを続けていくタイプの保険です。
そのため保健期間の途中で解約を検討することもあるかもしれません。
では、学資保険を途中で解約した場合、解約時に返戻金は戻るのでしょうか。

学資保険は掛け捨てではないため、解約時には解約返戻金(還付金)が戻ってきます。
しかし、一定の期間を超えるまでそれまで掛けてきた掛け金よりは、解約返戻金は小さくなることが一般的です。
一体の期間以降になると、解約返戻金は今まで支払った保険料とほぼ同額になる場合もあります。

ただし医療保障などの特約を付帯している場合、掛け金より解約返戻金は少額になります。
解約返戻金が気になる場合は急なお金が必要になり解約返戻金を検討する場面のことが多いでしょう。
この場合、契約者貸付制度という方法があります。

契約者貸し付けが可能なタイプの学資保険では、掛けてきた積立金をいったん引出し、後々その積立金を保険会社に返すことで、解約返戻金より結果として満期の金額も変わらず受け取れることも可能です。
この場合は安易に解約をしてしまうよりお得な場合もあります。
急にお金が要る可能性なども踏まえておくと、契約者貸付が可能な学資保険を検討しておくと良いでしょう。

このページの先頭へ