子供に持病

学資保険の満期はいつ?

学資保険は、いつが満期になっているでしょうか。
加入時に満期を設定することになるので、いつ満期にすべきか悩む方もいらっしゃいます。
学資保険はこどもの進学資金を貯めていく性格のものですから、子どもの進学がある節目となる年齢が満期になっています。

基本的には、大きな金額が必要になりやすい18歳が目安ですが、20歳・22歳と専門学校や大学の卒業時に満期が設定可能にもなっています。
また、満期時に満期保険金が支払われますが、小学・中学・高校などの入学時期に祝い金が出るタイプもあります。このタイプは学資保険の中でも人気があるタイプです。
最も人気のある満期設定年齢はやはり大学や専門学校などの入学に合わせた18歳が満期に設定されている学資保険です。

いきなり大学への進学資金を用意するのは、なかなか大変なことです。
この時期に備えて、学資保険などを通し資金を貯めたいご家庭は多いことでしょう。
その他ですと、大学卒業後の社会人として巣立つときに満期保険金を支払い、子供が巣立つ資金として準備をする場合もあります。

いずれにせよ、子どもが進学したり巣立ったりする時は、何かとお金がかかるものです。
進学先が今住んでいる場所以外の場合ですと、引っ越し資金や家財への資金もさらに必要になります。
しかし加入時に、学資保険の満期年齢をいつにすれば良いのかわからないという場合には、基本に忠実である18歳に設定するか、プランナーに相談して設定しましょう。

このページの先頭へ