子供に持病

学資保険とはどんな保険?

子どものために学資金を準備しなくては、と妊娠中から頭を悩ませるご両親は大変多いことと推測されます。
なぜならデータによっては、子ども一人が成人するまでにかかる費用は、なんと2000万を超えると言われています。
安定して就労して貯金しても、その他の住宅ローンや家族の資金を考えると、少しでも学資金は将来に向けて貯蓄していきたいものです。

学資保険はその名前の通り、子どもの将来のために学資金を貯蓄していくための生命保険です。
保険料を月々や一括で支払いすることで、子どもの進学の節目である高校や大学進学時、保険契約の満期時に満期学資金や祝い金といった保険金を受け取ることができます。
契約者である親に、死亡や高度後遺障害などが起きてしまったときには、その後の保険料が免除となるなど育英保険の要素も含まれています。

もちろん免除になった後も、進学時や満期時に予定通りの保険金は受け取ることができます。
子どもの教育資金を貯めていく貯蓄性と、契約者に何か起きた際の保障という2つの顔持っている保険こそが学資保険なのです。
子どものための医療保障なども別途特約として付帯できます。
子どもを中心とした、家族全体を支えていくための保険ですので、加入する際はその他のすでに加入している生命保険とのバランスも考慮しましょう。

このページの先頭へ